プロローグから抜け出そう

元うつの話題みぎひだりの千鳥ちゃんの落書きノート

Missing Message

 

こんにちは。すてきなあなた。

 

もうすぐ七夕ですね。

お願い事はありますか? 

高校三年生の時に、教室に笹があって、みんな願いをつるしていたのですが、

私は当時相当ひねくれていたので「みんなの願いが叶いますように」と書きました。

 

今の私にも、願いはありません。

かっこつけたいんじゃなくて、願うだけじゃ叶えてくれないって知っているから。

あるのは、宣言だけです……。

「強くなって、人生をやり直します」という宣言だけなんです。

 

 

実は今、凄くテンションが低いです。

いつも明るくはないテーマですが、いつも以上にキラキラハッピーから遠ざかった話をする可能性があるのでご注意を。 

 

 

さあ、今日のテーマは、「想いは正しく伝わらない」です。

実はこれ、とある小説の扉にある名言です。(興味を持たれたらぜひ検索してみてください)

前にもこのブログで書いたかも。初めてこの文を見たとき相当な衝撃を受けたらしく、何かある度にこの言葉を思い出す。

 

「言語」以外の伝達方法についても語りたい。

 

先に言っておきますと、「メンヘラ」とか、「自傷行為」について考えてみたいんです。だから、苦手な方は注意してくださいね。

 

 

では、行ってみましょう……。(本当にテンションが低い)

 

 

 

メディア=仲立ちとなるもの

 

メディアというと、マスメディアとかマスコミとかそんなイメージがあると思いますけど、メディアの意味は、「仲立ちとなるもの」です。

今回はマスメディアについては話しません。

AさんからBさんに、何かを伝える方法。それが全てメディアになります。

例えば言葉、メール、手紙、身振り手振り、何かを伝えるためのもの。

 

言語――、言葉が一番分かりやすいですね。

伝えたいことをストレートに伝えられます。

 

ただし、完全に正しく伝えるには、AさんとBさん、二人が全く同じ考え方、メディアの読み取り方をしなければなりません。

 

AさんがBを心から元気づけたくて言った言葉、「がんばって」を、

Bさんが正しく受け取るのなら、Aさんの考え「心から元気づけたかった」も読み取る必要性があります。

ですが、もしBが、(どうせ他人事だと思って適当に言ったんだろう)とAさんを誤解したらどうでしょう。

ただの、「がんばって」が全く意味の違うものに受け取られてしまいます。

 

極端なことを言うと、英語しか話せない人と日本語しか話せない人がチャットだけで会話しても絶対分かりあえません。

その「メディア」を読み取れないから。

 

 

これが、「想いが正しく伝わらない」原因ですね。

 

 

言葉って、いつからあるのでしょうか。

動物は言葉を話しませんよね。

人が、人になった時にすでに言葉はあったでしょうか。

ちょっと調べてみたけど難しい話だったので諦めました。今日の言いたいことではありませんでしたし。

 

何が言いたいのかというと、少なくとも2000年以上は言葉というツール・メディアを使っているというのに、未だにそれが正しく伝わる万能の道具にはなっていないって、なんだか不思議じゃないですか?

使いこなせていないのか、元々それは万能の伝達方法ではないのか。

 

言葉のすれ違いで起きる事件なんてぜんっぜん珍しくないですし。

 

 

言語も文字も正しく伝わらない

 あるとき、友達が私にLINEを送ってきました。

他の友達とのやり取りのLINE画面のスクリーンショットを。

「これ、ひどくない!?」と。

 

どんなやりとりだったかは書けませんが、

私が読む限り、ひどいこと、攻撃の意思などは感じられませんでした。

ただ、その子はそれをひどいと思った。

 

 もう、残念でならない。

 

これが対面だったらまた違った風に伝わるのだろうか。

 

 

正しく伝えない

寧ろ、言語って、そっちの方が多い気がする。

思っていることを隠すために言語を使うことってありますよね。

 

限界が近いのに、「だいじょうぶ」って答えて笑ってみたり。

やりたくもないのに、「がんばります」って言ってみたり。

 

やり過ぎるとほんとに心壊しますので要注意ですよ。

 

 

でも、思っていることを伝えないのは100%悪いと言いたいんじゃなくて。

相手が着てきた服を見て、似合わないなあって思ったとしても、

「似合う?」と笑顔で聞かれたら「似合うよ」って答えますよね。性格によりますけど。

優しい嘘も大事です。

 

 

 

言葉って、意地とか、性格とか、地位とか、プライドとか、

そんなたくさんの制約にがんじがらめにされて、自由じゃないんですよ。

少なくとも私は、逆の意味で言葉を使うことが多い人間です。

元気で明るい人間を装った方が、上手くいくと信じているから。

 

でもいつか、誰か見破ってくれないかな……。とこっそり思っているかも知れない。

自分で難問を仕掛けて置いて、誰も解いてくれないと嘆いている面倒な奴です。

 

 

表情や行動のほうがまだ自由なのかも知れない。

これも、意思によってある程度操作できますけどね。

それでも、動揺した時の凡ミスや我慢しきれない涙というものは100%意思では操れません。

 

 

 

 

 

 

と、いう訳で。

 

言語ではないSOS

我ながら、見出しのセンスがない。まあいいか。

 

一度、自傷行為について本気で考えてみたかったんです。

ここでは、実際に血が流れるような行為だけでなく、

心の中で自分を卑下し言語で傷つける行為も自傷行為とします。

 

そう考えるのなら、手首が綺麗な私も自傷行為をしていることになるんですけどね。

 

目的

なんのために、そんなことをするんだと思いますか?

 

大昔は全くリストカットに理解がなかったの私なのですが、

社会人になって、まあいろいろうつになる環境で壊れかけていた時、

側溝に躓いてかなり派手に転んだことがあります。

めちゃくちゃ痛かったのですが、ひざが痛すぎて、心のほうの痛みはひとまずどうでも良くなった……だけでなく、なんかすごく気分が良くなったんです。

その時、ああ、リスカってそういうことか……って思ってしまいました。

 

思い出すだけで恐ろしい。

 

というのも、

 人の脳は、痛みを感じると「エンドルフィン」という物質が分泌されるとのこと。

このエンドルフィン、脳内麻薬とも呼ばれ、多幸感をもたらすそうですよ。(wikiより)

しかも、その効果はモルヒネの6.5倍!!

モルヒネなんてやったことありませんので分かりませんよ? でもそんな違法薬物より強いって……とんでもないやつですよね。そりゃ悩みも(一時的に)吹っ飛びますよ。

 

 

と、いう訳で、

その転倒事故から何度か未遂的なことはしそうになるのですが、今のところは……。

一度やったら戻れなくなるっていう恐怖の方が今のところ勝ってくれている。

 

でも、代わりによくやってしまうのが、自分を卑下し言語で傷つける行為。

「あ~も~自分ほんと死ね」って思うやつです。

価値ないのに何で生きてるの?? 死んでくれません?? って暴言で脳が支配されてしまうやつ。

思うだけなら勝手です。

ですが、ネットに書くのは違う。特にtwitter

ブログならまだ訪問者だけになりますが、ツイッターのタイムラインなら見たくない人にまで「見せつける」ことに。

ほんとに迷惑かけてることは分かっているので、フォロワー0の鍵垢も用意したのに、意味をなさず……。

……なんでやめられないんだろう?(涙)

 

そしてこれでさっきの脳内麻薬を得ているかというと、得ていない!!!

気分が最悪に最悪の上塗りです。

 

ねえなんで??

 

そして、思いました。

あまり認めたくはないが、「構ってちゃん」なのですね。

 

 

構ってちゃん

構って欲しいのって、ダメな事なのかな……。

これってただ助けを求めているだけなのでは。

助け合えない殺伐とした社会はきっと辛いよ。かなしいよ。

 

しかし、残念ながら私が見てきた世界は、それが悪いことだとされる環境だったように思います。

 

以前私が働いていた職場に、少し歳下のアルバイトの女の子がいました。

無口な人だったのですが、私は歳が近い人が少ない環境で、どうしても仲良くなりたくていろいろ話しかけて、たまに一緒に食事に行ったりするくらいには仲良くなれました。

ただ、あるとき他の社員(しかも例の人とは別)に言われました。

「よくあの子と仲良くできるね」と。

どうしてですか? と問うと、リスカ痕があるから。と。

 

あのさ。

 

関係ないだろ!!!!!

 

本当に、私の冗談やボケに笑ってくれるし、

おすすめのアーティストや漫画の話で盛り上がって楽しかったし、

私は、手首なんてどうでもよかった……。

 

なのに、それだけで職場の「大人」たちは、極力関わららないほうがいいという判断をしていました。メンヘラなんでしょ、と一蹴りでした。

――そういう対応があるから、メンヘラが増えるのでは!?

 

 

 

だめなんでしょうか……?

全てを完璧に、完全無欠の健全な人生を歩いて来ないと、だめなんでしょうか?

素直に助けてって言えないけど、辛い思いをしているってことを漏らしたら、おしまいの世界なんですか……?

弱みを見せたら終わり? 隙を見せたら死ぬ? ここは弱肉強食のジャングルか? 

 

 

まあ、私も構ってちゃんなので……。

素直に辛いって言えないから……。ストレートな言葉が使えないから。

 

 

 

想いは正しく伝わらない

伝えるつもりのないことが伝わることもあれば、

本人が無意識に訴えているものもある。

 

言語だけが言葉じゃないけど、言語じゃないメッセージすら伝わらない。

 

 

まって、書きながら、軽く絶望しかけた。

 

でも、なかなか伝わらない、どうしようもない地獄みたいな世界だから、

分かりあえた時に、それはもうどうしもうもなく嬉しいのかな。

簡単にはできないことができたんだもん。その喜びは、本当に、一生の宝物になるのかも知れませんね。

 

 

 

おわりに

どうして自分が、心温まるような優しい手紙の話が好きなのか分かった気がする。

でも書こうとしたら書けなかった。文字はできないけど、なんとなくで分かったのさ。

 

生まれたときから精神を病んでいる訳じゃありませんし、

自分を大切にできない性格は本人のせいだけではありません。

だから、その人が100%悪いと決めて避けるのは、できれば、止めてあげてください……。

以前ツイッターで「つきあうなら精神が安定している人だけにしたほうがいい」といったツイートがバズっているのを見ました。言いたいことは分かります。確かに面倒な存在だと思います。でも、それは「一度道を誤った人間は終わり」の哀しい世界を拡大するだけです。長い目で見たら社会的にマイナスだと私は思います。

(っていうかその発言主はその「安定していた友人」が病んだらどうするんだろう。切るのかな?)

 

 

ツイッターのように誰かのTLを汚すことなく、好きに言いたい放題できるこの場所がとても気に入りました。

こんな隠れ家のような場所でしか本音を言えない私も、どうしようもなく想いを正しく伝えられない人間なのかも知れません。

 

ここまで読んでくれた方、ほんとうにありがとうございました。

I wish for your happiness.

 

 

 

 

それでは。