プロローグから抜け出そう

元うつの話題みぎひだりの千鳥ちゃんの落書きノート

人はなぜ泣くのか

こんばんは。やさしいあなた。

 

今日は夏至でした。

長い一日でしたね。選考結果も来ないことですし、私は珍しいことに小説を読んで過ごしました。

郵便屋さんのお話です。

昔からそういうのが大好きで、今でも……たまに……。

どうしても複雑な思いが混じるのはなぜか、いつか書けたらいいのですが、今の私には無理そうです。

 

 

 

今日のテーマは、人はなぜ泣くのか、にしてみましょうか。

 

私は超が付くほどの泣き虫です。散々この涙という人の体のシステムには困らされてきました。小学校の時から泣きに泣いていたので、当時の友達に会うとそのことばかりをネタにされてしまいます。

許せん……!!

もうこれは解き明かすしかありません!!!私は敏腕刑事!!!

 

ちょっと言い訳になりますが、私は自分の涙を一切コントロールできません。

ですので、役者さんなどが使う自由自在な涙の説明はできません。どうなってるのか、さっぱりです……。

 

 

 言い訳もしておいたことですし、

さあ、行ってみましょう!!

 

 

とりあえず涙の履歴書を

泣き虫レベルならそんじょそこらの誰それと同じにされちゃ困ります。

音楽を聴くだけでも泣きます。ミスチルの終わりなき旅とか、あいみょんのハルノヒとか。他にもいろいろ。

本にも泣かされますね。小説もあれば自己啓発系でも。

思えば歌詞に泣かされているので、文章に弱い可能性。

悲しかろうが、なんだろうが、とにかく何かあると泣く。(ひどいと記憶と時間感覚を飛ばすレベルに泣く)

 

 

社会人になってからだと、

内定を頂いた面接会場で泣き、

配属後嫌がらせのターゲットにされては泣き、

退職の意をボスに伝えては泣き、

引き留めのいざこざで泣き、

うつになり泣き、

休職中のボスの気遣いに泣き、

もう一度頑張ろうと思って戻ったら泣かされ、

泣きながら退職願を書き、

泣きながらそれを渡し、

退職前日の夜に泣きました。

※ちなみに離職後一か月は笑顔あふれる楽しい日々でした。

 

もうあれですよ。

涙の数だけ強くなれるのなら私すでに最終兵器レベルです。

地球破壊爆弾です。さあどうしてくれようか……。

 

涙とは何者なのか

今回は、自分で人が涙する理由を考えたいので、出典を使うのは原始的な仕組みを調べるだけにとどめますね。

www.otsuka.co.jp

分かりやすかったので大塚製薬さんのサイトを見てみました。

やはり、目を守るための機能が第一の機能という感じですね。

乾燥や細菌から瞳を守り、傷も治してくれる素敵な存在。なんだかかっこいいですね。

 

涙には、常に目を潤している基礎分泌性の涙や、目にゴミが入った時など刺激を受けて出る反射性の涙のほか、うれしい、悲しいといった感情が引き金となって流れる情動性の涙があります。


この情動性の涙は自律神経の働きが関係しています。感情が高まると大脳の前頭前野が働いて一時的に自律神経の活動が促され、涙腺から大量の涙が分泌されて目から溢れ出るのです。この情動性の涙は人間特有のもので、ほかの動物にはみられません。

 

 

そうそうそう!

私が今日解き明かしたいのは、情動性の涙ってやつです。

この先で使う涙は、この情動性のものを指すことにします。

こやつが私を困らせているルパンなのです!!

 

 

泣きすぎて記憶が飛びかける筆者の推理

 ほんっとに困ってます!

なんで泣くんだよ!

泣きたくなんてないんだってば!!!

 

もともと接客業でしたので、仕事中に泣くと泣いている本人も大迷惑なのです。

メイクは落ちるし目は腫れるし鼻水が出てカオスだしもうどうしようもありません。

 

仕事中に泣きながら思いました。

なんで、よりによって、目から液体が出るとかいう超迷惑な手段でストレスを流そうとするのだろうか???

だって、何かしらのストレス解消の液体を分泌したいのなら、「足の裏から涙の代わりの液体が流れ出る」とかでもよくありません??

ちょっと気持ち悪いですけどね。あはは。

でも、その足の裏大作戦の方が、見た目に及ぼす影響がはるかに少ないです。

 

 

 

推理その1.涙そのものに言語のような意味がある

 

足の裏じゃなく、見た目がひどいことになる、目からの涙でストレス発散するということは…… 見た目が変わることそのものに意味がある。

 

ある意味、白旗みたいなものではなかろうか。

「おいもう泣いているんだからこれ以上攻撃しないで!!!」

という無言のメッセージ。涙はその存在自体が言葉で、メッセンジャーなんですよ。

 

確かに、泣いている人に対してはそれ以上言う気も失せますよね。

私は……人を泣かせたことがあったっけ……??? そうはさせないように注意はしていますけど、知らないところで傷つけたりはありそう。そう考えるだけで泣きそう。

 

泣かせるのが目的で攻撃する人もいるでしょうし。泣かせたことで満足する意地悪に私は何度も遭遇したことがあります。

実際、私をうつに追い込んだ上司は人を泣かせたことを自慢していました。。むかつくから泣かせてやった!みたいなことを言ってたなあ。もう、可哀そうです。そんな人間になってしまったご本人が。今となっては憐れむような気持ちで思い出します。

だって……そんな考えと歩む人生はきっと楽しくはないでしょうから。

 

もうそういう相手は距離を置いた方がいいですね。白旗振ってるのに火炎瓶投げてくるような奴らです。

 

話が逸れました。

これ以上の攻撃を阻止する白旗と考えるのなら、足裏じゃだめですね。

思いっきり見た目で訴えられる目の方が適任です。しかも、目です。相手の目を、自分の涙でいっぱいの目で射抜けます。

 

 

 

白旗説をもっと説明してみると、

泣く=負けを認める のような方程式ができちゃいますね。

実は私、泣き虫のくせに人前で泣くのが大っ嫌いです。くやしいから。

特に原因の前で泣くのは本当に嫌。職場で受けた泣く原因を家まで沈めてはおけず、よく地下鉄の中で泣いていました。ほかの乗客にはどう見えたのかなあ。。

 負けず嫌いなので必死に我慢しますが、我慢しているときに他の誰かに優しい言葉を掛けられるとダム決壊です。負けを認める、というか、単純に助けを求めちゃうんですよね……。

 

 

推理その2.自分で自分の心に気付くため

 

ちょっと感動の涙やうれし泣きはひとまずおいておいてください。

悲しいときの涙の話をします。

 

 見た目が大変なことになり、ハンカチやティッシュがない場合、袖も大変なことになります。夜、おふとんの中にいるのなら枕が大変なことに。

ちょっと泣くぐらいならまだしも、止まらないとなるとかなりの一大事じゃないですか?

さすがに自分でも自分の状況やばいと思いますよね。

 

もしも大量のストレスを浴びて、身体が涙を使わなければならないほどの危機に瀕しているのに、足の裏から涙が出て顔はそのまま笑うことができたらどうでしょう。

その場から、逃げられないかも知れなくないですか?

痛みと一緒なのかもしれません。

痛みを感じるから逃げたり対処したりができるわけで、泣くことすらできなかったら本当に殺されるまでストレスに気付かないのかも知れません。

 

ちょっと今調べものしちゃうとカンニングなので出典は出しませんが、

涙の成分は血液の成分と似ている、というのをどこかで聞いたことがあります。

血ですよ? 血。

出血してるんです。

身体が、本人に、叫んでいるのかも知れません。

「ねえ、異常事態に気付いて!」と。

軽く考えないでほしい、という悲鳴なのかも。

 

 

はい!すみません。

さっきおいておいた「嬉し涙や感動の涙」です。

こちらもこの推理2の説で説明がつけられる気がします。

 

自分で言うのもなんですが、

感動して涙を流す自分が好きです。

自分は今、喜びで仕方ないんだ!!!っていうのを涙に思い知らされている気がして。

涙が、私の感動をしっかりと証明してくれる気がして。

 

ある一定の枠を超えた感動でしか泣かないので、

目の前で起きたことや、素敵な作品に触れられたことの大きさを、涙が測ってくれているというか。。

ああ、泣くほど素晴らしいことなんだ……ってその何かを余計に好きになれる。

 

こんな時に足裏から液体が出てきたら雰囲気ぶち壊しですね!

ああ、足の裏大作戦はやっぱり却下ですね。

ちゃんと、目から、泣きましょうか。。

 

 

おわりに

 

 逮捕しようと思ったら実はいいやつだった。というオチです。

敏腕刑事が聞いて呆れますね。

ずっとずっとずっと、涙ってやつに迷惑を掛けられていたと思っていたのですが、

ちゃんと自分の役割を果たしてくれる必要なものでした。

 

「泣けばいいと思っているだろ!」という言葉・考え方が私は大っ嫌いです。

思ってねえよ!!!!!勝手に出てくんだよ止めてくれよ!!!

泣かせて困るようなら泣かせてんじゃねーよ!!!

あっ、本性が……。

もっと、建設的に、落ち着いた言葉で分かり合えないものでしょうか……。

よく泣く私からお答えさせていただくと、そんなこと思ってはいません。

こんなところでぼやいても仕方ないのですが、読んでくれたやさしいあなたが覚えてくれるだけで、私は幸せです。

 

 

これから先、この調子じゃ何回泣くことになるんですかね私……。

まあ、それを上回る回数だけ笑えばいいのか。あはは。

 

と、いう訳で涙ちゃんは無罪放免です。

 

探偵でも刑事でもいいけど、いろいろ解き明かすのは面白い。。

気になることがあったらまた考えてみますね。

 

 

 

 

それでは!!