プロローグから抜け出そう

元うつの話題みぎひだりの千鳥ちゃんの落書きノート

心療内科へのステップ

こんばんは。すてきなあなた。

 

今回書くのは、ちょっと悲しい話。

もしあなたが幸せで、今の生活に満足しているのなら、知らない方がいい世界なのかもしれません。

 

心療内科に行った私の体験記というか、今では思い出ですね。

うつになった原因は職場の人間関係とノルマです。

 

こちらがその記事です↓

 

nemoliy.hatenablog.com

 

 

今回は、心療内科の病院自体どんな感じだったか、残しておきたいと思います。

 

 

 

先にオチを書いておきますと、最終的には病院から逃げて自己流でうつから脱出しています。

数回に分けてうつぬけメモを完成させたいと思います。

(病院や精神医学を否定したいという訳ではありません。そういう人もいるのかあ、くらいの気持ちでお願いします……)

 

 

Step1.病院の選び方が分からない

心療内科は、普通に風邪気味のときにふらっと行く内科とは違い、先生との相性がかなり重要です。

中には、合う病院を探していろんな病院を転々とする方もいらっしゃるようです。

実は私は二つの心療内科を見ています。最初の病院は対応がかなり酷かったので。。

 

ですが、私が思うのは、

一番初めは家から近い、という理由で行ってみていいと思います。

ネットで口コミなどを調べることはできますが、ほんとに人によって言ってることがバラバラなので、こればかりは自分で行って確かめるしかありません。

心療内科に行きたいと思っている時点で、相当メンタルがやられています。出血中です。

血まみれになっているのに、あの先生は嫌とかこっちの病院は受付が綺麗で……と考えている余裕はありません。とにかく早く行ってみましょう。

 

Step2.病院が合わない

一つ目の病院は、初診でだめだこりゃ! でした。


事前にテストなどはなし。15分程度の先生との会話(仕事辞めたいと死にたいを連呼してた気がする)だけで、自律神経失調症と言われて診断書書こうか? と言われました。

 

まず驚いたのは、診断書ってそんな簡単にもらえるのか、ということです。

そして次の驚きが、たった15分の会話で私は病気認定されてしまうのか、ということ。

 

今思えば、この時点ではただ悩みを誰かに聞いて欲しいだけだったのかもしれません……。


聞けば診断書はお金を払えば簡単に作成できる、とのこと。

お、お金……???

私真剣に悩んでいるのですが。。

 

そして論外だったのが、私が職業を言うと、

「○○の仕事? 楽そうに見えるけどなあ……」と、先生。

 

唖然。

お医者様に対して普段そんなことを思ったことはありませんが、

人生で初めて、ヤブ医者だ……。と思えました。

ほんとに医師免許持ってるんですかね?

っていうか、医者じゃなくても言っちゃダメですそれ。

誰だって、見た目より頑張ってるんですよ?

 

次回の予約はいつにしますか?という受付の人に「結構です。もういいです」と返してそれっきりでした。


その上、メンタル系の病院って全く役に立たないというイメージを初回から叩き込まれ、以後、「うつになったら終わり」という屈折した考えが焼き付いてしまいます。

それから1年近くは自力で不安や生きづらさと戦っていました。

 

Step3.それでもやっぱり会社に耐えられなくて違う病院に行く

仕事が嫌すぎて、謎の微熱がずっと続き、倦怠感、不安感、食欲不振&吐き気という、一回目の時よりもだいぶまずい状況になっていました。

心療内科は嫌だったので、普通の内科で診察してもらい、血液検査や尿検査を受けても異常なし。処方された風邪薬は効きません。

 

ああ、仕方がない……メンタル行くか……。

 

というわけで、二つ目の病院へ。

 

あまり期待はしていませんでした。


ですが、この病院では二時間程度時間をかけていろいろなテストを受けました。
仕事の話、家の話、趣味や自己イメージ……「私について」の話をしばらくする。

そして子供の頃の自分がどんな人間だったのか、親はどんな性格なのか、親は自分をどういう風にみていたと思うか、など。
さらに、お題を出されて絵を描かされたり。

その絵について説明してみたり。

ああなるほど、ここまでいろいろ事前調査(?)があるのなら間違いないか、と思いました。

 

そして診察。この時も、一回目と同じく仕事辞めたいと死にたいを連呼。

では、一度お仕事から離れて様子を見てみますか? と先生から提案があったのですが、その時は繁忙期で職場に迷惑がかかると思い、薬を使って症状をコントロールしながら仕事には行くことにしました。

 

その薬で、大変なことになるのですが、、それは別記事で思いっきり書きます。

長くなりそうです。

 

そして薬を飲みながらいざ出勤!

我ながらよく頑張ったと思いますあのころ。よしよし。

 

そして、いつもキレてくるまずい上司さんに、

心が弱っていること、傷つきやすいこと、うつ病の薬を飲んでいるのでもう少し優しくしてほしいということを素直に相談します。

 

その返事がこちら↓

 

 

「は? 優しくしてんじゃん」

 

 

……だめだこりゃ。

なんだったんだ私の勇気は。

 

 

 

ちょっと話はそれますがこれは言わせてください。

この世界には、「どうしようもなく絶対に性格が合わない・会話が成立しない人間の形をした何か」というものが一定数存在します。

対処法は、「逃げる」しかありません。

無理です。絶対分かりあえませんので。宇宙人です。それ。 

 

 

 

と、いう訳でそれから一か月ももたずに休職に追い込まれますが、それは次回書いてみます!

 

先に結論を書いていますが、今の私は元気です!

ちゃんと治っています!

無事退職して、現在絶賛転職活動中です!

大変なことも多いですが、今の方が人間らしい生活ができています。なのでご安心を!

 

 

人は一度失敗しても、何度でもやり直せるということを私は証明してみたいのです。

うつになっても、失業しても、いつかはきっと前より素敵な場所へ辿り着ける、そんな証明がしたい。

 

くじけやすいし強くはないですが、できる限りのことはしてみたいです! よろしくお願いします。

 

それでは。