プロローグから抜け出そう

元うつの話題みぎひだりの千鳥ちゃんの落書きノート

世界を変えてくれた出会い

お元気ですか、素敵なあなた。

昨日、カラースターを頂きました。とても嬉しいです。

仕組みやらなんやらをよく分かっていない初心者ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

こうしてブログを書いていると、大学時代に学生相談室でカウンセリングを受けていたのを思い出します。

 

 

カウンセリングと言っても、最初こそ心の傷を癒すための悩み相談でしたが、通っているうちに、自分の好きなこと、最近あった出来事などを楽しく話すだけの日も増えていきました

そして、卒業するまでまるまる4年間、通い続けました。

 

相談室に行くきっかけになったのは、クラスの方に服のセンスを否定されて悲しくて涙が止まらなかったというしょうもないものなんですけど……(笑

 

半月に1、2回のペースで通っていたのですが、嬉しいこと、悲しいことがあると、「ああ、これは次のカウンセリングで話そう」なんてネタ探しみたいになっていました。

 

あの時楽しく話していたように、自分について書き残していけたらなと思います。

 

 

さあ、今日のお話は、「私の世界を変えてくれたもの」についてです。

人ではなく、物についてです。

目を閉じれば世界が見えなくなるように、私が変われば世界も変わるのです。世界が変われば私は変わるのです。

では、行きましょう。

 

1、デジタルカメラ

f:id:nemoliy:20190611120057j:plain

PowerShot SX500IS ズームが得意な子です

出会いは私の20歳の誕生日でした。

 

父からの誕生日プレゼントです。当時はアルバイトと学校の往復以外はひきこもりの完全インドア大学生でした。写真なんて全く撮らないのにいきなりカメラらしいカメラを手に入れてびっくりです。

 

旅行にも興味がなく、一日で万単位のお金が飛ぶのに、物として残らない旅行はお金の無駄だと当時は思っていました。このカメラをどうすればいいんだと思い、貰ってからしばらくはクローゼットの奥に封印されていました(ごめんね)

 

しかし、せっかくもらったのに新品のままにしておくのもかわいそう……。

と、いう訳でこれを持って田舎の山に出かけてみます。

そこで出会ったプールの廃墟(正確にはそのポンプ室)の謎の魅力に憑りつかれてしまい、廃墟マニアへと進化してしまいました。

ただ、危ないことと違法なことは嫌なので誰かの作品を観る専門になり、私自身はちょいちょい花の写真を取りに行ったり海に行ったりと、少しずつ無趣味ひきこもりから脱出することに成功。

 

そして、カメラを持って一人で歩いていると、同じく一人でカメラを持っている方に遭遇。

話が合って、その方とたくさん旅行に行きました。(ほぼ連れて行ってもらっているだけでしたが)

その人がいなければ、私は旅に憧れていても今の自分ほど積極的に旅に出ていなかったと思います。

 

色のない世界から私を連れ出してくれた、大切なカメラです。

どんなに最新式の優秀なカメラが開発されても、私はずっとこの子と旅に出たいと思います。

 

2、化粧品

f:id:nemoliy:20190611121617j:plain

あまり写真映えするようなのがありませんでした。選抜メンバー。

はい。

高校時代があまり思い出したくないのは、自分の顔に自信がなさすぎたから、、

というのがあります。

 

頬はすぐ赤くなるし(かわいくないです)、目は小さいし、おまけにド近眼眼鏡で輪郭が歪みます。

鏡がだいっきらいでした。写真を撮られるのも嫌で、高校時代の写真がほぼないです。

 

そして、大学生になり、周りがやっているから……と最初は渋々道具を買いそろえます。(この時、コー○ーの販売員さんに捕まり結構高いもので揃えてしまいました。その後はプチプラ系に移行)

初めてなので全部やってもらい、鏡をみたら、

 

まあ大変、あなただあれ?

 

これは詐欺呼ばわりされても仕方ありません。

アイラインを引くだけで目の大きさが変わってしまいます。

 

化粧をして何が良かったかって、

自分が話しかけることのできる人の範囲が増えたんです。

それまで、大学にすっぴんで行っていたので、メイクした綺麗な他の学生に話しかけるのが怖かったんですけど、自分も同じ装備をすれば何の問題もありません。

 

化粧療法(メイクセラピー)というのがあるように、

確かにお化粧は心を元気にできます。

もう、男性も化粧しちゃっていいと思います。楽しいですもん。

流石にチークとかはあれかもしれませんけど、、瞳を大きく見せるのはいいかも??

 

 

3、一人旅

これは一度やるとほんとに世界変わると思います。

 

先述したように、私は旅行=散財のイメージを持っていたので、旅そのものに興味がありませんでした。

ただ、なんとなく一人旅する人はかっこいいなあ~と思っていました。

それは、、

f:id:nemoliy:20190611124440j:plain

キノの旅! 高校の図書館にあったのを友達が薦めてくれて見事にハマりました。

この作品の影響です。

時雨沢恵一さんの、キノの旅

 

 短編の連作で、主人公のキノが相棒のエルメス自動二輪車)といろんな国をめぐるというもの。二回アニメ化されています。一期のアニメが死ぬほど好きで台詞覚えるような勢いで何度も見返しています。

 

大学生になり、貰ったあのカメラ。

一人旅に憧れる私。

飲食店のキッチンでひたすら天ぷらを揚げ続けて稼いだバイト代。

 

もうこれは旅に出るしかないでしょう!!!!!

そして、カメラ、化粧、旅先……自撮りにハマってしまうのです。。。

 

f:id:nemoliy:20190611125034j:plain

人に撮ってもらった風ですが、一人旅なので三脚を使った自撮です(笑

 

行先は基本的に自然が溢れる場所が多いです。

とある小説のお蔭で離島大好きに。

 

 

f:id:nemoliy:20190611125338j:plain

飛行機恐怖症を乗り越え、ぼっち北海道の旅

 

一人旅って、一人じゃないんですよ(最近ありがちなフレーズ)

誰かと行く旅行ももちろん楽しいです。たくさんお話しできるし楽しいを共有できます。

でも、一人だと、旅先の住民とか、旅館の人とか、他の旅人とか、いろんな人とお話ができるんです

話しかけやすい&話しかけられやすいんですよね。

あまり観光地じゃないようなところの方が旅人が珍しいのか、よく話しかけられます。

(でも以前辺鄙な場所に女一人で現れたため自殺志願者じゃないですよね? と聞かれたことも……笑)

 

ああ、昔のひきこもりぶさいくちゃんの私はどこへ……、、ほんとに変わりましたね。。

 

私を変えてくれたみんな、ほんとに大好き!

 

 

 

 

ああ、ながい自分語りになってしまいました。

あなたは、自分を変えてくれたものとの出会いはありますか?

それは、何ですか?

良かったら私にも教えてください!

 

それでは!